赤羽のキャバクラには、「半熟キャバクラ」「姉キャバ」「熟女キャバクラ」と言った、キャストの年齢層高めのキャバクラが複数あります。
これらキャバクラはアラサー女子でも比較的入店しやすく、周囲のキャバ嬢の年齢も近いため働きやすいのが特徴です。

赤羽のキャバクラでアラサー女子が活躍するためには、入店するお店を選ぶ事が必要です。
ではこれからそれをチェックしましょう。

  『熟キャバ』や『半熟キャバクラ』で働くメリット

20代後半から30代・40代の女性がたくさん活躍する『熟キャバ』や『半熟キャバクラ』。
アラサーになりなかなかキャバクラ店に採用されなくなった方でも、これらキャストの年齢層が高いお店では年齢が足かせになりません。

キャバクラの求人には「年齢不問」と書かれた求人も多いのですが、実際に面接を受けてみると周りは若い子ばかりで「実は20代前半の子が欲しいんだよね」と断られてしまったり、入店してみると若い子ばかりで浮いてしまうなど嫌な思いをした方もいるのではないでしょうか?

アラサーやアラフィフにはその年代がもつ魅力や包容力、優しさ、気配りなどたくさんの魅力があるのですが、若い女の子ばかりのお店ではどうにも発揮されません。
なぜなら若い子の多いお店に集まる顧客は「若い子が好き」な方ばかりなんです。

お店側は顧客のニーズを常にリサーチしているので、若い女の子が大好きな顧客が多いとなればやはり若い子を重点的に採用しますよね。
それは悪い事でも何でもなく、お店の戦略なのです。
だったらアラサー女子は「熟女が好き」「アラサーが好き」な顧客が集まって来るお店を探せば良いんです。

  子供がいる主婦やシングルマザーでも働きやすい

赤羽の熟キャバには、保育所を完備したキャバクラ店もあります。
ナイトワークだけに限らず、お子さんがいるとどうしても仕事がしにくいですよね。
でも赤羽のキャバクラには保育所完備のお店があるので、お子さんのいる主婦やシングルマザーも働きやすいんです。

保育所だけではなく、不動産会社と提携しているお店もあって寮を紹介してくれるケースもあります。
「子供がいるとか住む場所を紹介してとか言いにくい」とは思わずに、素直に相談してみてください。
きっと「良かった」と笑顔になれます。

  副業がしたいアラサー女子にも人気

赤羽のキャバクラは結構ゆるめ。
お店によってはノルマのない店舗もありますし、出勤日や時間も調整がききます。
だからWワーク希望や副業にキャバクラで仕事がしやすいんです。

「キャバクラの仕事が初めてで良く分からない」方も、スタッフが丁寧に教えてくれるので安心。
副業がしたいアラサー女子にとって、キャバクラはそれほどハードルの高い職場ではないんですね。