赤羽のキャバクラには「美熟女」「半熟」「小熟女」「熟女」など熟女をウリにしたキャバクラが多いのが特徴です。
歓楽街には「熟女」と言う文字が目に付きます。
一説には赤羽駅の周辺に集まって来る不良を一掃するための戦略だったという説もありますが、何にしろ熟女系のお店が多いのが赤羽の特徴です。

熟キャバや半熟キャバクラ、姉キャバの店舗数が多いため、20代後半から30代・40代・50代の女性がお店で多数活躍しています。
熟女が多く集まる赤羽のキャバクラでこれから仕事がしたい方、是非参考にしてくださいね。

  キャバクラ未経験者もOK

赤羽の熟女キャバクラの求人情報をチェックすると、未経験者OKの求人がかなり多いです。
殆どの熟キャバで未経験者可になっていますね。
ナイトワークの経験がない方でも、体験入店や本入店時に店舗スタッフが丁寧に接客の方法やハンドサインの出し方、やってはいけない事などを説明してくれます。

最初は指名されたキャバ嬢のヘルプで接客するのが基本ですが、その時にやってはいけない事もあります!

キャバ嬢のヘルプでやってはいけない事

× 「接客しているのは他のキャバ嬢のお客様」を横取りしない。
× 他のキャバ嬢のお客様に必要以上にベタベタしない。
× 他のキャバ嬢の悪口を言わない。

狭い店内なのであっという間に噂になってしまうんです。

熟キャバには派閥が無い働きやすいお店が多いのですが、わざわざ敵を作るような接客をしていると孤立してしまいますよね?
最初は「これは絶対やっちゃダメ」というタブーを教えてもらって、ゆっくり仕事に慣れていけば大丈夫ですよ。

  年齢が高くてもできる

 

熟キャバの大きなメリットが年齢制限がない事。
普通のキャバクラだと10代後半から20代前半の若い女の子が熱望されていて、20代後半から30代になると入店するのもだんだんと難しくなります。

ところが熟キャバだと30代は若手か中堅レベル。
40代や50代のキャストもいるので、年齢が足かせになりません。

熟キャバの場合、年齢より若く見られるキャストも多いので美意識を磨く良いきっかけになります。
熟キャバは年齢が高くても仕事が出来ますし、他のキャストのメイクやネイル、物腰、接客スタイルなどを観察して努力出来るのが良い点です。

  店舗数が多い

 
画像引用元:http://www.takemachelin.com/2015/02/vol1.html

赤羽は熟キャバが多いエリア。
いくら熟キャバが流行っていても店舗が少ないと働くチャンスがないため、本気でキャバクラで稼ぎたい熟女にはうってつけの場所です。
店舗が多いと条件面で折り合いの付くお店も多くなり、活躍出来る可能性がグッと広がります。

赤羽には運営歴の長い熟キャバもあるので、未経験で不安な方は教育体制のしっかりした老舗キャバクラを選ぶのも良いですよ。